Question   生理の量がとても多いのですが子宮筋腫では?  Cat

Answer   考えられる疾患はいろいろありますが、最も多いのが子宮筋腫です。主な症状は、この過多月経のほか、鉄欠乏性貧血、腹部腫瘤の自覚、月経痛、腰痛、頻尿、便秘などがあります。

子宮筋腫は子宮の筋肉の部分からできる良性腫瘍。30代以上の女性の20~30%は子宮筋腫があるといわれています。症状がなく、子宮筋腫が小さい場合は治療の必要はなく、定期的な経過観察でOK。閉経後は縮小し、症状もなくなってゆきます。中には急速に増大し、子宮筋腫とは異なる子宮肉腫の可能性もごくわずかにありますが、手術前の診断は困難です。

治療法には、補助的な薬物療法を行いながら経過を観察するか、手術的に摘出、また閉経前であればホルモン療法を行いながら手術をせずに閉経まで持たせる「逃げ込み療法」の3つがあります。手術には2種類あり、一つは子宮全摘術で子宮をとってしまえば完治します。月経はなくなりますが、卵巣を摘出するのではないので更年期障害や各種の身体変化も起こりません。将来赤ちゃんを望まれる方には筋腫部分だけを摘出し正常の子宮を残す子宮筋腫核出術を行います。この場合は月経も起こり、妊娠も可能です。

Return