Question  クラミジア感染症とはどんなものですか?  Cat

Answer  今最も流行している感染症が、性行為によって感染するクラミジアトラコマーティス感染症。頻度が非常に高く、年代別に全女性の25~7%、妊婦さんでは10%前後検出されています。症状があまりないため、ひそかに潜行、いろいろな問題が発生する原因となっています。

感染すると子宮頚管炎、子宮内膜炎、卵管・卵巣の炎症、骨盤腹膜炎、肝周囲炎を引き起こすことがあり、不妊や子宮外妊娠の原因となることもあります。妊婦さんの場合は分娩(ぶんべん)時の産道感染で新生児に結膜炎や肺炎が起こることも。初期の子宮頚管炎では、おりものが増えたり、不正出血、あるいは無自覚のケースも多く症状としては軽度ですが炎症が上方に広がれば強い症状が出現します。

検査は痛みもなく短時間ですみ、クラミジア感染症と診断されれば内服薬で治療できます。ただし、パートナーの男性にも同じ対応が必要です。

生命への危険があまりなくても、将来の妊娠、出産に悪影響を及ぼすことがはっきりしてきました。妊娠、出産を控えた女性は注意が必要です。

Return