Question  妊娠中の栄養はどの程度にしたらよいのでしょうか?  Cat

Answer  妊娠前の体重が50キロ前後の平均的な妊婦さんでは妊娠中の体重増加は8~10キロ程度になるように指導します。基本的には1週間の体重増加は300グラムまで、500グラムを超えると明らかな異常と見なすべきです。体重増加の内訳は、妊娠末期では胎児3.3キロ、胎盤0.5キロ、羊水0.4キロ、子宮1キロ、乳房増加などの脂肪増加分1キロ、血液1.5キロの合計7.7キロ。それ以上の体重増加は「むくみ」+「肥満」と考えられます。お産がすむと「むくみ」はとれますが、「肥満」は残ります。

現在では妊婦さんの栄養不足が問題となることはまずなく、栄養過多による肥満の方が問題になります。栄養バランスがとれた食事をとり、カロリーを制限することが必要。ただし、栄養調査で所要量を下回っている「カルシウム」(牛乳、小魚、海草など)と「鉄」(緑黄色野菜、レバーなど)は十分にとるようにしましょう。また、塩分摂取については摂取過多となっており、減塩の必要があります。昨今のインスタント食品には十分な注意が必要です。

カロリー過多による極端な体重増加の妊婦さんに対する影響は、妊娠中毒症、胎児発育不良、胎児仮死、妊娠糖尿病、難産などがあるので気をつけましょう。

Return