Question  私は今妊娠23週です。最近排便のときに痔が出てきます。出ると、とても痛く少し出血があります。市販の軟膏を2~3回塗ってしまいましたが、赤ちゃんに影響はあるのでしょうか?やめた方が良いでしょうか?  Cat

Answer  妊娠されると母体は分娩に向けて変化を起こします。分娩は大きな胎児を娩出させることができるように、骨盤底部はやわらかく伸びやすくなります。それと同時に肛門部には大きくなった子宮の重みが加わります。また、骨盤内に大きな子宮があるために静脈が圧迫され、血液循環も悪くなり静脈での血液うっ滞もおこります。また、妊娠されることによって便秘傾向にもなり、普段より高い腹圧をかけて排便することも多くなります。

すなわち妊婦さんの肛門部はやわらかく、静脈の血液うっ滞がおこっており、さらに子宮の重力や腹圧が加わると、排便時は肛門部が反転して粘膜部分が脱出する脱肛が起こりやすくなり、時にはソフトボール大の脱肛が起こることもあります。また、そのような肛門部には炎症が起こりやすく、粘膜は充血し、痛みや出血も起こりやすくなります。

これらは自覚症状としてはかなり苦しいものですが、妊娠によって誘発されやすいものなので妊娠後には改善することも多いものです。妊娠中はおたずねのような軟膏や坐薬によって炎症を抑え、排便時に脱肛が起こればご自分で押し込んで整復するのが一般的です。軟膏や坐薬を使用されても胎児に対する悪影響はありませんので、ご安心下さい。さらに軟膏や坐薬による治療でも症状の改善がみられず、悪化傾向が強ければ手術や硬化療法を行うこともありえます。しかし、妊娠には必ず終わりがあり、長くても10ヶ月です。妊娠中の手術や硬化療法も可能ではありますが、産後に改善する可能性もあるため、極端な状態でなければ手術硬化療法ではなく、軟膏や坐薬の使用とご自分での整復による保存的な治療が選択されることが多いようです。

Return